イメージ画像

不登校の子どもと向かい合うために

不登校の原因は何なんでしようね?

そんな質問をよく受けます。

 

子どもはひとりひとり違います。

一般論として、ひとくくりにして言ってしまうことには危険性もあります。


ひとつひとつのケースでも、

原因を探すことは「悪者探し」になって、

目の前の子どものいま、そしてこれからには役に立たないことが多いです。


原因探しをして「わかったふり」をしてしまうことは、かえって危険です。

お父さん、お母さんをはじめ、

まわりの大人たちの「わかったふり」はとても危険だと思っています。


「わかたったふり」はいつのまにかメガネを曇らせ、

子どもの本当のすがた、子どもの心を見えなくさせてしまいます。


空っぽのココロで子どもと向かい合いたい。

2013年9月15日

このページの先頭へ